内臓脂肪型肥満の悩みを解消する方法

腸のまわりに内臓脂肪が付く内臓脂肪型肥満は、おなかのポッコリ感が目立つことが多く、りんご型肥満とも呼ばれています。内臓脂肪型肥満は、運動不足や食事でのカロリーや脂質の摂り過ぎが原因になっていると言われていて、日常生活に工夫をすることにより、改善が可能です。

肥満状態では当然脂肪肝になっている可能性が高いです。

牛乳では低脂肪乳、ヨーグルトでは低脂肪ヨーグルト、と脂肪分の少ない商品を選ぶと、脂肪の摂取量を控えることができます。カフェでも、ドリンクの牛乳を低脂肪乳に変更が可能なところもあるので、カフェラテやオレを注文する際には注意して選んで下さい。

また、自然の力でゆっくり健康回復を目指せる漢方薬または漢方配合の脂肪肝サプリがおすすめです。漢方の種類では防風通聖散がいいでしょう。コレステロール値の低下や内臓脂肪の減少に効果のある防風通聖散は、漢方専門の薬局でなくても、身近にあるドラッグストアなどでも購入可能です。

食事では、キャベツダイエットやサラダダイエットといった野菜を豊富に摂取するダイエット法や、糖質の摂取量を減らし、たんぱく質の摂取量を増やす低糖質ダイエットがおすすめです。

 

日常生活でできるコレステロール値の改善策

コレステロール値を改善するには、自分の生活スタイルに無理のない形で、運動療法と食事療法を上手に取り入れて下さい。

運動は、ウォーキングやジョギングなど、軽めの有酸素運動がおすすめです。仕事後や休日の時間を有効に使って、体を動かす習慣を付けましょう。

なかなか運動の時間が確保できない場合には、上下階の移動に階段を使ったり、普段とは違う通勤ルートで歩行距離を伸ばしたり、日常生活のなかで運動量を増やす努力をするだけでも、健康状態に差が出てきます。

食事では、コレステロールの豊富な鶏卵の摂取量を控えたり、クエン酸を含む酢やレモンの摂取量を増やしたりする方法が有効です。クエン酸は、疲労回復効果のほか、中性脂肪やLDLコレステロールを減少させる働きを持っています。

酢の物やサラダなどで料理で取り入れる以外に、ドリンクタイプのビネガーを飲む習慣を付けるのもおすすめです。悪玉コレステロールを減少させる対策を日々継続することで、マクロファージが溜まることによって起こる動脈硬化を予防しましょう。